shinoddddd.tumblr.com

そう言えばここのところ、タガメ女と呼べる人をあまり見ていないが、今はどの程度生息しているのだろうかと思い、大阪市内のタガメ御用達レストランに遅いランチを食べに行った。

 歴史的建造物を利用した大きなホールレストランの10テーブル、50人ほどの客のうち3人を除いてすべてが女性。ランチをそろそろ食べ終えてデザートタイムにさしかかっているその時間、女性たちのおしゃべりはピークに達し、会場内に響いている室内楽の音もほとんどかき消えてしまうほど。中でも突出した存在感を放っていたのが、中央のテーブルを3つほど占拠している30代~40代とおぼしき女性たちのグループだった。

 中央テーブルのうちの1つに座った5人グループの女性たちは、いずれも高級ブランドに身を包み、お化粧もバッチリなのだが、表情がいずれも険しい。リーダー格とおぼしき女性は迫力のある表情でいつも何かを睨みつけている。かたわらの細面の女性は、神経質そうでいつも表情が曇っている。その隣の人は全体に沈滞ムードでひたすら相槌を打つ程度、その他の2人はリーダー格の女性のお相手に忙しい。

 ようやく食べ終わって支払いをする際には請求書を持ってきた店員に、厳しい口調で何か詰問し、長財布から札束を切るように支払いをしていた。さらにそれが終わるとやおらバッグから口紅と手鏡を取り出し、まるで夜叉の如く口を大きくパカっと横に広げて口紅を塗り始めた。いつもの所作のようで誰も気に留める様子もないが、多くの人が食事をするレストランのホールで憚ることのない化粧直しをした上で、大きな足音を立ててホールを去っていった。せっかくの料理もデザートもほとんど話題にすることもなく、目をくれることもなく、ただひたすらおしゃべりを続けるその様子はとても「楽しそう」と表現できるものではなかった。しかもそういうグループが一つのレストランで少なくとも3組は同時に食事をしていた。

 こういう光景は、バブル華やかなりし頃の海外日本人駐在員の奥様たちによく見られたものだ。夫が同じ会社に勤める妻同士、あるいは同じクラスの大企業の駐在員の家族ばかりが集まるマンションや住宅で、日毎に行われるパーティ。欧米で数年間の駐在をする夫についてゆくことは、かつて「羨ましい結婚」の象徴であった。妻たちが現地に同行する条件は「夫をサポートすることに力を注ぐ」という制約付きであったからなおのことだ。しかし、現地駐在員日本人社会はいずこもかなり閉鎖的で息の詰まるものであった。近年は経費節減で家族連れの駐在よりも単身赴任の割合が増え、かつてのような特権化された駐在員生活を送れる人々の割合はどんどん減ってきているはいるものの、昨年人気を博したTVドラマ「半沢直樹」の妻ハナが演じていたのもまさにこれに近い世界であった。

(Source: bummerfriends)

働いている人達が仕事を優先するが故に犠牲にしなければいけない時間がかなり多く、社会で生き残る為に仕事を優先するのが常識となっている。言い換えると生きる為に費やさなければならない時間=サバイバルコストが非常に大きい。そのような点を考えてみると、日本は意外と貧しい国なのではないかとも思ってしまった。
現在の日本は、人を騙すような仕事をつくっていかないと、金を稼げない人が多くなっている。これは完全にヤバい状態だよ。社会システムの根本が間違っている。生活のために、仕事だから仕方ない、と言って、一般的な国民が気づかないうちに「人を騙す組織」に入ってしまっている現状がある。

Twitter / world420

Say Hello To Everybody 
Tumblr / Twitter

(via sayhellotoeverywords)

効能が医学的にほとんど証明されていないサプリの通販会社とか、その会社の通販サイトにSEOを行うIT企業とか……。

(via yukiminagawa)

(Source: ForGIFs.com)

(Source: anormaux)

athyriumotophorum:

Some scientific illustrations I have on my wall

athyriumotophorum:

Some scientific illustrations I have on my wall

右脳は抽象概念を、左脳は言語を司ると言われているが、
なぜか日本語だけは右脳が言語処理に関係している。
これは全世界を見渡しても特異なことで、中国語や朝鮮語も
言語は左脳であって、日本語だけが独立した分布になっている。

ところが日本語以外でひとつだけ右脳優位の言語があるのが
わかっている。 それがポリネシア語。

右脳で言語処理が行われると、鳥や虫の声が言語として認識
される。それに対して欧米人(言語=左脳)の場合は鳥や虫の声は
雑音の一種としてしか聞こえない。

実はポリネシアの人が作ったゲームというのがある。
その中にはきっと虫の声とかが出てくるシーンがあるに
違いないと思って、入手してやってみたことがある。
そしたら確かにそういうシーンがあった。

主人公が敵の城砦に夜中に進入していくところで、秋の虫
みたいなのが鳴いていて、それによって情景を表現している
のだが、これは日本人でないとわからんだろうなあと思った。

darksilenceinsuburbia:

Guido Mocafico

Portraits of Modeled Glass Street Creatures created by Leopold and Rudolf Blaschka

115+1 :専守防衛さん [↓] :2012/02/29(水) 19:05:40.11
万引きGメンやってるけど、既に顔バレしまくりでGメンになってない。
巡回してると店員さんやお客さん達が「あの人今やったよ!」って教えてくれて、そいつを尾行してる。
捕捉に繋がったことも多々ある。

とりあえずみんな大声で「Gメンさん!」て呼ぶの止めてもらいたい。
尾行中の俺のポケットに背後からこっそり未精算のスニッカーズとか入れるの止めてもらいたい。
つーか、もうアンタ等だけで捕まえてくれ。俺もういらねーだろ。
今週の週刊文春「人間は一度手にした文化を捨て、産業革命以前の晴耕雨読の暮らしに戻るべきではないでしょうか」という40代主婦の意見に対し、伊集院静氏が「産業革命以前は農民は重税に喘ぎ、殆どが文盲で晴耕雨読なんて暮らしじゃない。バカか」とバッサリ反論。すっきりした。
本当警察官やりたい放題ですよ。警察にとって都合の悪い情報を報道しようとすると警察に「お前のところ出禁にするぞ」と脅されます。
出禁にされたら事件報道のネタが取れなくなる。なので結局警察に屈するしかないわけです。
最近だと警察不祥事が起きたら、警察は自分から発表します。昔は隠蔽してましたが。
でも発表することにしたのは「ちゃんと発表するから、それに関する検証記事などの警察批判をするなよ:って意味があります。
「○○が起きました」とだけ報道して「じゃあなぜ警察でこんな不祥事が起きたのか?」などは検証するなよという暗黙の了解があります。
世界の文房具の品質って凄いよ。逆の意味で。

鉛筆 芯が真ん中にない。削るとよく分かる。
ボールペン 最後まで使えた試しがない。インクがボタボタする。
消しゴム 消えない
ノート 紙質悪い。消しゴムで表面荒れるの当たり前。

多分、世界基準だと日本の文房具がおかしいw
(勿論値段の高いものは良いものがあるのは世界共通)
OpenSSLの脆弱性、NSAの意向を受けてわざと作り込んだ、なんてことはさすがにないと信じたいけど自信なくなってきた…… fb.me/17pPHWfpW